天地真理郎(あまちまりお)の「50歳からのロックンロールでグラマラスな男の生き方!- My way of cool life from 50 years old.」

ロックンロールでグラマラス!50歳になってみて思うこと。「俺って、まだまだガキだなぁ。。。」Love & Peace.
 
 
50歳からのPublic Relations
50歳からのContents

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「命の三角形」 

目から鱗の話である。。。

私は、アメリカ国際レスキュー隊の隊長で災害担当責任者のダグ・コップです。
アメリカ・国際レスキュー隊は、世界で最も多くの経験を積んだ救助隊です。

私は60カ国で組織されている国際レスキュー隊のメンバーと共に、1985年以降ほとんどの主だった災害の救助活動にあたり、875もの崩壊したビルに入りました。

私が初めて救助活動にあたったのは、1985年のメキシコ大地震のとき、メキシコシティーの小学校でした。
子供たちは皆、机の下敷きになっていました。
この子供たちが、もし机と机の間の通路にいたなら、助かっていたかもしれないのにと思うと、私は本当にいたたまれませんでした。

ビルが崩壊して、天井が落っこちてきたときは、テーブルや家具などを押しつぶし、その隣には空間ができますがその下に空間ができることはありません。
テーブルや机の下に入らないでください。
家具が大きかったり、強度があればその横に空間ができるのです。
この空間こそが「命の三角形」です。
そして、この空間に入り込めば、助かる可能性が高くなります。
実際、崩壊したビルにはこの「命の三角形」がたくさんあります。
地震のときは、以下の注意を守ってください。

1.
ほとんどの人は、地震のとき、机やテーブルの下にもぐりこむが、これでは、崩落したときには、助からない。
地震の際、すぐに外に出ることができなかったら近くにある大きくて強固な家具(机、テーブル、ソファ、ベッドなど)の横で、胎児のように丸く、なるべく小さくなってうずくまること。
この体勢をとると、命の三角形の中で助かりやすい。
2.
夜、ベッドで寝ているときに地震が起こったらベッドから下りて、ベッドの横で、胎児の体勢をとること。
ベッドの横は、命の三角形ができやすい場所である。
全てのホテルのドアに、このことを明記したなら地震の際のホテルでの生存者が飛躍的に増えるだろう。
3.
地震のときは、ドアから離れること。
ドアのそばにいる人は、助からない場合が多い。
4.
なるべく、建物の中心から遠ざかること。
外壁に近いほど、助かりやすい。
5.
車に乗っているときは、崩落した道路や落下物の下敷きになることがあるので車からは直ちに降りて命の三角形ができる車の横で座るか横になること。
6.
木造家屋が実は、いちばん安全。
木は地震で動いたり、しなったりするので崩壊しても大きな空間を作りやすいし、重さが分散される。

今の教育は知らんが、俺たちが子供の頃は地震のときは何かが上から落ちてくるって教わった。
だから机の下にもぐれと。
でも、最近の震災の規模は違う。
家から潰してしまう。
頭を守りながら命の三角形にとどまれるような、そんなことができるのがベストなんだね。
彼の意見は賛否両論。
批判する人もたくさんいる。
だから自分で考えるんだよ。
自分の命なんだからさ。
スポンサーサイト
50歳からの天地真理郎(あまちまりお)リンク集
50歳からのBlog Search
50歳からの自己啓発
H

H

↑カーネギーの道は開ける。どう足掻いても、真っ暗闇のとき、何度も助けてもらった良書です。死しか待っていなかった俺でも、今生きているのはこの本のおかげかもしれません。

H

↑シークレットのDVD版。本よりもこちらの方がおすすめです。内容が内容なだけに、本だと途中で諦めてしまう可能性がありますからね。

H

↑本田さんの書籍はとても道徳的。だから一般の人には良くわかると思います。この方はスピ系よりも、ここら辺から入門するのがおすすめです。

H

↑メンタルな部分を鍛える自己啓発系の書籍です。この手の本にしては500ページという膨大な量になっています。しかし、グローバルな考え方を持っていないと、多分ついていけません。

H

↑ページの右半分がストーリー仕立ての「物語篇」、左半分が解説調の「実践篇」になっているという、異色の1冊。啓発系の中では、俺の一番のおすすめでしょうか。

H

↑「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています。」たったそれだけの言葉で幸せを手にいれる方法。

H

↑小説としては最高傑作のアルジャーノン。これはそれを日本語と英語で学ぶための教科書。悲しい悲しい物語ですが、チャーリーの言語力向上を英語で実感できますよ。

H

↑この本が出版されたばかりの頃は内容はタブーとされていたこと。この本の出版と共にコンサルタントという職業が本当のことが言えるようになったと、俺は思っています。

H

↑犬が出てくる小説では、間違いなくピカイチ。犬を飼っていない人間でも、泣きますよ。

H

↑グリムウッドの最高傑作。ただただ感動。アメリカのドラマ、ヒーローズなんかは、絶対これを参考にしていますね。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。