天地真理郎(あまちまりお)の「50歳からのカッコいい男の生き方!- My way of cool life from 50 years old.」

ロックンロールでグラマラス!50歳になってみて思うこと。「俺って、まだまだガキだなぁ。。。」Love & Peace.
 
 
50歳からのPublic Relations
50歳からのContents
NOBODY KNOWS YOUR LIFE
あなたが生活のために何をしているかは、どうでもいいことです。
あなたが何に憧れ、どんな夢に挑戦するのかを知りたいのです。
あなたが何歳か、ということも関係のないことです。
あなたが、愛や夢や冒険のために、どれだけ自分を賭けることが出来るか知りたいのです。
あなたがどの星座の生まれか、ということもどうでもいいことです。
あなたが本当に深い悲しみを知っているか、生涯の裏切りにさらされたことがあるか、それによって傷つくのが恐いばかりに心を閉ざしてしまっていないかを知りたいのです。
あなたが、自分のであれ、他人のであれ、痛みを無視したり、簡単に片づけたりせずに、それを自分のものとして受け止めているかどうかを知りたいのです。
また、喜びの時には、自分のであれ、他人のであれ、心から喜び、夢中になって踊り、恍惚感に全身をゆだねることができるかを知りたいのです。
気をつけろとか、現実的になれとか、たいしたことないさ、などと言わずに。
あなたの話すことが本当かどうかには関心がありません。
あなたが自分自身に誠であるためには、他人を失望させることでさえ、あえてそうすることが出来るかどうかを知りたいのです。
たとえ裏切りだと責められても、自分自身の魂を裏切るよりは、その非難に耐える方を選ぶことが出来るかどうかを。
たとえ不実だと言われても、そんな時にあなたがどうするかによって、あなたという人が信頼に値するかどうかを知りたいのです。
あなたが本当の美がわかるか知りたいのです。
それが見た目に美しく見えない時でも、毎日そこから本当に美しいものを人生に汲み上げることができるかどうかを。
あなたがたとえ失敗しても、それを受け止めてともに生きることができるかどうか、それでも湖の縁に立ち、銀色に輝く満月に向かって「よし!」と叫ぶことができるかどうかを知りたいのです。
あなたがどこに住んでいるか、どれだけお金があるかはどうでもいいことです。
あなたが悲しみと絶望にうちひしがれ、どんなに疲れ果てていても、また朝が来れば起き上がり、家族たちを食べさせるために、しなければならないことをするかどうかが知りたいのです。
あなたが誰を知っているか、あなたがどうしてここへ来たかは関係ありません。
俺とともに怯まずに、炎の只中に立つことが出来るかどうかが知りたいのです。
あなたが、どこで、誰と勉強したかはどうでもいいことです。
皆が見捨ててたった一人になった時、あなたの内側からあなたを支えるものは何かを知りたいのです。
俺はあなたが自分自身としっかり向き合い、何もない時間の中にいる自分を心から愛しているのかどうかを知りたいと思っているのです。

It doesn’t interest me what you do for a living.
I want to know what you ache for and if you dare to dream of meeting your heart’s longing.
It doesn’t interest me how old you are.
I want to know if you will risk looking like a fool for love for your dream for the adventure of being alive.
It doesn’t interest me what planets are squaring your moon...
I want to know if you have touched the centre of your own sorrow if you have been opened by life’s betrayals or have become shrivelled and closed from fear of further pain.
I want to know if you can sit with pain mine or your own without moving to hide it or fade it or fix it.
I want to know if you can be with joy mine or your own if you can dance with wildness and let the ecstasy fill you to the tips of your fingers and toes without cautioning us to be careful to be realistic to remember the limitations of being human.
It doesn’t interest me if the story you are telling me is true.
I want to know if you can disappoint another to be true to yourself.
If you can bear the accusation of betrayal and not betray your own soul.
If you can be faithless and therefore trustworthy.
I want to know if you can see beauty even when it is not pretty every day.
And if you can source your own life from its presence.
I want to know if you can live with failure yours and mine and still stand at the edge of the lake and shout to the silver of the full moon, “Yes.”
It doesn’t interest me to know where you live or how much money you have.
I want to know if you can get up after the night of grief and despair weary and bruised to the bone and do what needs to be done to feed the family.
It doesn’t interest me who you know or how you came to be here.
I want to know if you will stand in the centre of the fire with me and not shrink back.
It doesn’t interest me where or what or with whom you have studied.
I want to know what sustains you from the inside when all else falls away.
I want to know if you can be alone with yourself and if you truly like the company you keep in the empty moments.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「必要資金」 

以前・・・
50歳からの「生活費」
50歳からの「食費」
・・・というエントリーで書いたことのおさらいっ。

死ぬまでに必要な最低金額である。
冠婚葬祭などの突然の出費はもちろん含んでいない。
だからこそこれ以上稼がねばならぬのだ。
食費に関しては、夫婦2人で毎日2,000円必要だとすると10年で730万円が必要になる。
50歳から残りの人生40年あるとすると、2,920万円。
そして夫婦でモーニングくらいは外食をしたいなんて思うと、1日3,000円で4,380万円。
そしてランチくらいは・・・なんて考えると、1日4,000円で5,840万円。
生活費に関しては毎月10万円必要だとすると10年で1,200万円が必要になる。
50歳から残りの人生40年あるとすると、4,800万円。
15万のマンションに住んで、光熱費に5万、お稽古や趣味、ファッションや美容室、そして保険などを総合して10万使うとすれば月に30万は必要になるだろう。
生活費と雑費の区別は難しいが、食費と同じくらいの金額は確保したいところである。
旅行に行きたくなったり、本を読みたくなったり、貯金も必要だったり・・・。
んで、以下の表である。

■食費(日当たり)
      2,000円    3,000円    4,000円
10年     730万円   1,095万円   1,460万円
20年    1,460万円   2,190万円   2,920万円
30年    2,190万円   3,285万円   4,380万円
40年    2,920万円   4,380万円   5,840万円

■生活費(月当たり)
       10万円    20万円    30万円
10年   1,200万円   2,400万円   3,600万円
20年   2,400万円   4,800万円   7,200万円
30年   3,600万円   7,200万円  10,800万円
40年   4,800万円   9,600万円  14,400万円

■食費+生活費+雑費
       梅       竹       松
10年   2,660万円   4,590万円   6,520万円
20年   5,320万円   9,180万円  13,040万円
30年   7,980万円  13,770万円  19,560万円
40年  10,640万円  18,360万円  26,080万円

※梅は食費2,000円+雑費2,000円+生活費10万円、竹は食費3,000円+雑費3,000円+生活費20万円、松は食費4,000円+雑費4,000円+生活費30万円で計算。
スポンサーサイト

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「母親」 

あなたが逝ってもう何年経つのでしょう

あなたが逝ってから俺には何の連絡もありませんね

まだ向こうにいるのか

もう生まれ変わったのか

死んだ人間より生きている人間を大切にしなさい

そう言ってくれたので俺は何とかがんばれてます

きょうはあなたの命日でした

墓には行けませんがこちらから健やかなること祈っています

言葉では言い表せないくらい心配かけましたね

本当にごめんなさい

そして

本当に本当にありがとうございました

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「家(未来)」 

人は人生で自分の家を一軒持つそうである。
そして運のいい人は買い替えるらしい。
・・・という話を住宅メーカーにいる人から聞いたことがある。

話は替わって、俺が欲しいと思う住宅はなかなか見つからない。
っうか、みんなそうなんだろう。
家という物は建った瞬間から中古品であり、時間が止まってしまう。
だから最新の設備やファザードなどを作ったところで、数十年経てば「昔っぽいね」という話になる。
やはりアカデミックな物が一番だと最近思うのである。

そして、何となくではあるが「こんな感じ」みたいな家が見つかったので、モチベーションのためにエントリー。

■立体図

34_3d_1f.jpg

34_3d_2f.jpg

■平面図

34_2d_1f.jpg

34_2d_2f.jpg

■ゲート

00001.jpg00003.jpg

■エクステリア

g001.jpg00002.jpg
e001.jpge003.jpg
e004.jpg

■パーキング

e002.jpg

■エントランス

i001.jpg

■玄関ホール

i002.jpg

■ガーデン・テラス

g003.jpgg004.jpg
g002.jpg

■リビング・ダイニング

d002.jpgd001.jpg
d006.jpgd007.jpg
d005.jpgd003.jpg
d004.jpgd009.jpg
d008.jpg

■キッチン

k003.jpgk002.jpg
k001.jpgk004.jpg
k005.jpg

■居室

2002.jpg2001.jpg

■バスルーム

b001.jpgb002.jpg
b004.jpgb003.jpg
b006.jpgb007.jpg
b008.jpgb005.jpg

■トイレットルーム

b010.jpgb009.jpg

■2Fホール・キャットウォーク

c003.jpgc002.jpg
i005.jpgi004.jpg
i003.jpg

■バルコニー

c001.jpg

■動画







天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「家(過去)」 

俺が今までで所有した家の中で、間違いなくダントツで気に入っていた家。
この家を手放してからもう何年にもなるが、これからこの家以上の物件に住むために、備忘録としてエントリー。

■エントランス
エントランスは階段を上がって2階。
ガラスの入った木のドアです。
日差しが強く、塗りなおしても塗りなおしてもペンキがはげてきます。
時間がある時はこのドアをペンキ塗りするのが、なぜか幸せです。
少し帰らないでいると蜂たちがせっせと巣を作ろうとします。
時間がある時には管理人かセキュリティーガードがメンテしているようですが、なにせ働くのが苦手な人たち。
大半は蜂たちのパラダイスと化しているのです。

land09.jpgent02.jpg

■ロビー
レジデンスの外階段を昇り、玄関を開けると小さなロビーです。
住居面積は117㎡です。
玄関ホールからは、ベッドルーム、ゲストルーム、バスルーム、リビングに通じます。
タイル張りのフロアは、裸足が気持ちいいのです。
玄関から差し込む日差しも、楽園です。
小さなシューズボックスを設置しました。

ent06.jpgent04.jpg

■リビング
天井は6m程もあろうかと言う高さで、開放感抜群。
ソファセット×2(セミダブルのベッドにも変身可能)、アームチェア×2、フロアーランプ、コーヒー・テーブル×2、センター・テーブル、ラグマット、TV&VTRセット、扇風機などが完備です。
リビングの広さは22畳です。
TVは衛星受信が配信され、CNNやスポーツCh、ヒストリーCh、ディスカバリーChなど、60チャンネルほどが視聴可能です。

liv03.jpgliv05.jpg

■キッチン
4バーナー・オーブンレンジ、給湯コントロールほか電子レンジ、コーヒーメーカー、電気釜、トースターなど、普段家庭で必要な電化製品も全て完備なので、何不自由無くトロピカル・ライフが楽しめます。
レンジや冷蔵庫はパーティにも対応する大型で、ご近所や友人をお呼びしての楽しいホーム・パーティも可能です。
冷蔵庫はメイドがすぐに食べてしまうため鍵付きです。

k02.jpgk01.jpg

■ダイニング
ダイニングの窓から見えるエメラルドグリーンの海の眺望も素晴らしく、食も進みます。
右手には観光スポットの島が見えます。
ダイニングテーブル、チェア×6、カップボード、フロアーランプ、レギュラーサイズのステレオ・コンポーネントなどがあり、和・洋食器や双眼鏡、カメラや現地情報誌などの備えも万全です。
食器はほとんどノリタケで揃えてあります。
島のFM放送や、お気に入りのCDでラテンやサルサを聴きながら、冷たいビールやテキーラで乾杯。
気分はまさに<天国に一番近い島>っす。

dining01.jpgdining04.jpg

■メインベッドルーム
広さは10畳ほどです。
フロアーはカーペット敷です。
セミダブルベッド×2、ベッドサイドテーブル&ランプ、ワードローブ、ドレッサー、クローゼット、ライティングテーブル、チェア、CDラジカセ、ガウンなどを完備し、換えシーツやバスタオル・ハンドタオルの用意もあります。
ベッドスタンドは貝を加工して作っています。
エアコンはもちろん冷房だけです。
メイドがベッドメイクからルームクリーニング、洗濯までやってくれますので至れり尽くせりです。

bed04.jpgbed02.jpg

■ゲストルーム
ゲストルームの広さは8畳ほどです。
この部屋はいつも鳥の鳴き声が窓から聞こえます。
「チュンチュン」で目を覚ます心地よさを体験できます。
セミダブルベッド×2、そのほかメイン・ベッドルームと同様の什器・備品が備わり、各室ともにエアコン完備、目覚まし時計や非常用の懐中電灯も常備です。

g04.jpgg02.jpg

■バスルーム
我が家のバスルームは島でも珍しく、ちゃんとバスタブが付いてます。
洋式バス&トイレ及びドレッサーがあります。
ヘアドライヤーや小さなアイロンなども置いてあるので、オシャレをしてのお出掛けに不便は一切ありません。

b02.jpg

■ロフト
ここがロフトです。
遊び道具の玉手箱。
スキンダイビングセット&シューズ、シーカヤック、アクアスクーター、ビーチパラソル、ルアー、エアクッションほか各種浮き輪(子供用もあり)&電動・手動エアポンプ、BBQセット、ピクニックシート、テニスラケット&シューズ、インラインスケート、卓上ピンポン、折り畳み自転車4台、ゴルフセット&シューズ、リュック各種、ガソリン携行缶に工具まで・・・。
凡そ遊ぶに不自由無しの、何でもアリです。
ちなみにゴルフクラブセットは故・石原裕次郎氏からいただいたものです。
人を駄目にする完璧なシステムが備わった宝箱です。

ll04.jpg

■ランドリースペース
乾燥機付きなので、雨の多い島でも天候に左右されず洗濯可能。
大雑把なアメリカ製なので音は煩いものの、シーツなど大型の洗濯物も楽勝です。
やっぱり洗濯乾燥機は日本製のほうがいいかも・・・。

ll03.jpg

■プール
水は地下水を自家浄化装置で供給しますから、島では一番綺麗なプールです。
井戸水ですが、今まで訪れたどの国のプールよりも暖かいです。
夜間は照明付きですが、月明かりで泳ぐのはとてもロマンティックでワンダフル。
結構浅いので、お年寄りでも安全です。
プールに虹がかかることも珍しくありません。

pool09.jpgpool20.jpg

■テニスコート
我が家のバルコニーから見たテニスコート。
その先に微かに海が見えるんです。
夜間は照明をつけることも可能です。
裏庭はジャングルです。

tennis.jpg

■ガーデン
早朝の庭は夜中に降ったスコールや朝露に濡れて花々が咲き誇り、強烈な太陽が降り注ぐ日中とは別世界。
庭園の広さは41,464㎡=約12,500坪ほどあります。
常夏で年中花が咲いているとはいえ、咲く花も実る果物も時期により夫々に違いが見られます。
植物の気合も違います。

a03.jpga07.jpg

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「目標」 

この歳にもなると、目標はただの通過点で、次の目標に向かわないとリバウンドをおこすということを学ぶ。

で、今の目標。

1.好きな場所に住み(雨風が凌げる清潔な住居)

2.好きなときに海に入って(海)

3.常に体を鍛え(極真黒帯、トライアスロン)

4.世界中を旅し(旅)

5.英語が堪能で(コミュニケーション)

6.不労所得で生活し(貯蓄、投資、メンテナンス)

7.ストレスのない毎日を送る(精神的・物質的な整理整頓)

8.かっこいい老人になる(自分のスタイル)

そしてこれはみんな通過点。
着地地点はちゃーんと考えておかなきゃね。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「ブログを書く理由」 

いろいろな人々が日々ブログを更新している。
さまざまな思いでブログを綴っている。

俺がブログを書く理由?

7割が自分への言葉(備忘録を含む)
2割が不特定多数の人々への言葉
1割がその時出会った個人への言葉

・・・である。

がんばれ、俺。
がんばれ、みんな。
そして、、、がんばれ、君。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「ブルガダ症候群」 

ブルガダ症候群とは、、、
ブルガダ症候群(ブルガダしょうこうぐん)は、1992年にスペイン人医師ペドロ・ブルガダとその兄弟によって報告された心疾患。
ブルガーダ症候群とも呼ばれる。
重篤な不整脈である心室細動により失神し、死に至る場合がある。
心筋細胞の細胞膜上にあるナトリウム・チャンネルのαサブユニットをコードしている遺伝子の変異に原因がある例が認められる。
問題の遺伝子SCN5Aは第3染色体の短腕(3p21)上に位置する。
遺伝子の変異により右室心外膜における活動電位時間が著明に短縮し、貫壁性の再分極状態のばらつきが大きくなるため、心室細動を起こしやすくなると考えられている。
変異したナトリウム・イオンチャンネルがアンキリン-Gと結合できないため、心臓活動電位が変化すると考えられている。
アンキリン-Gは、細胞骨格とイオンチャンネルの相互作用を調停する膜骨格タンパク質である。
なお遺伝子の変異は、常染色体優性で遺伝する。
しかし、遺伝子異常は検索されても20%程度のみにしか認められず、すべての症例がSCN5Aの異常で説明されるわけではない。
ブルガダ症候群に見られる心電図の波形が典型的には右脚ブロック様波形(V1,2のrSR’パターン)とV1~V3にかけてのcoved型、またはsaddleback型のST上昇を来す。
心室細動の他に発作性心房細動を来すこともある。
自律神経の影響から夜間に突然死することもある。
キャリアの90%が男性で、1,000人に1〜2人の割合で存在する。
発作は心室細動でAED(体外用除細動器)またはICD(体内埋め込み型除細動器)などの電気ショックで回復する。
心室細動の発作がいつ起こるか解らないため、ICDの利用が多くなってきている。
ICDは電磁波によって誤作動の危険性もあり、社会的な環境保全が待たれる。
電子調理器・盗難防止用電子ゲート・大型のジェネレーターなどが誤作動を誘発する恐れがある。

っていうわけで、何を言っとんのかわかりますか?
簡単に説明しますと、、、
ブルガダ症候群という病気は不整脈の一種であるということ。
一般的にポックリ病と言われていて、突然心臓が止まってしまうということ。
欧米人がこの病気にかかると100%死亡するがアジア人は確率が低いということ。
死にたくなければ常にAEDのある場所で行動しなさいということ。
それが嫌ならICDを体に埋め込みなさいということ。
でもICDはパソコン、携帯電話、電子レンジ、盗難防止ゲート、自動ドアなどに反応して作動してしまうということ。

つまり俺が安全に暮らしていくには、サンシャイン牧場みたいな場所で、外部との連絡は手紙を使って、灯りはロウソクで、自給自足の生活をしなさいということです。

でも、普通に考えたらそんな生活は東京では難しいよね~っ。
医者が言うには一番いけないことは精神的ストレス。
ハートがキュッとなるのがいけないらしいよ。
ハートがキュッとなる恋はもう出来ないらしいっ。

でも、空手はやっているんだなぁ。
ハートブレイクパンチを絶対もらわないように、心臓のガードだけは左手でちゃんとしながら戦っています。
もし、死んだら相手にも悪いしね。
だから試合に出るのも命がけです。
俺ってもともとジャンキーだから、命が危ないものに興味をそそられる。
バイクで警察と追いかけっこしたり、嵐の日にサーフィンしたり、ポルシェで最高時速たたき出したり、そんなことばっかりやってきた。

これからは少しずつ心肺機能を上げて、スタミナ付けて、フルマラソン走れる位にはがんばります。

でもーっ、高いところだけは勘弁です。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「ピロリ菌」 

83と書いてハチミツと読むのは常識ですが、なんじゃこりぁを発見しました。
でかいビンだと1本数万円ですが、予算がないので数千円のちびっこいのを購入。

花はマヌカで、赤く濃い深みのある色合い。
香ばしさを感じさせるほのかな香り。
濃厚な味わいはいかにも薬木の花の蜜。

ハチミツ全生産量のわずか1%以下しかとれない世界的に貴重な蜂蜜で本国ニュージーランドでも入手が難しく、日本への輸出も年々減少。
一時期は入荷のメドがたたないほど難しい状況となっていたのは知っていた。
そして、ピロリ菌は40才以上の70%が感染していると言われ胃潰瘍や胃癌の原因となっているが、このマヌカハチミツは胃のピロリ菌に対して非常に強い抗菌力を持っている。
これで将来、胃がんとは無関係な人生が送れると思えば安いものっ。
今はこいつを毎日ティースプーン一杯ペロリするのが日課となっている。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「生活費」 

毎月生活に10万円必要だとすると10年で1,200万円が必要になる。
50歳から残りの人生40年あるとすると、4,800万円。
生活費と雑費の区別は難しいが、毎月必ず出て行く物として生活費として括るのがいいと思う。
家賃や光熱費などが一番の生活費で、そして美容室や保険なども含まれる。

つまりはよっぽど年金を貰っているか、資産がないと居心地の良い老後は送れないということである。
なんて考えると、不労所得の必要性が実感できますね。。。

それを表にしてみたっ。

      10万円    20万円    30万円
10年  1,200万円  2,400万円  3,600万円
20年  2,400万円  4,800万円  7,200万円
30年  3,600万円  7,200万円  10,800万円
40年  4,800万円  9,600万円  14,400万円

これに食費と雑費を足せば、一生に必要な金額が算出できる。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「食費」 

毎日食に2,000円必要だとすると10年で730万円が必要になる。
50歳から残りの人生40年あるとすると、2,920万円。
そして夫婦2人でモーニングくらいは外食をしたいなんて思うと、1日3,000円で4,380万円。
そしてランチくらいは・・・なんて考えると、1日4,000円で5,840万円。

つまりはよっぽど年金を貰っているか、資産がないと居心地の良い老後は送れないということである。
なんて考えると、不労所得の必要性が実感できますね。。。

それを表にしてみたっ。

     2,000円   3,000円   4,000円
10年    730万円  1,095万円  1,460万円
20年   1,460万円  2,190万円  2,920万円
30年   2,190万円  3,285万円  4,380万円
40年   2,920万円  4,380万円  5,840万円

これに生活費と雑費を足せば、一生に必要な金額が算出できる。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「子供を叱る」 

とあるフェスティバルでのこと・・・

小さな公園でビンゴ大会。
しかしその公園には200~300人ほどがごったがえしている。
俺は壁際で地面にビンゴのカードを並べて、数字と格闘していた。
ビンゴカードが11枚。
真剣に見ていないと、数字を見失ってしまうからである。
そのすぐ横の壁で子供が登ったり降りたりして遊んでいる。
そして俺から1メートル離れたところに、その家族。
どうやら2家族が連れ立ってきているらしい。
お父さんらしき人が2人、お母さんらしき人が2人、そして幼稚園くらいの男の子と壁で遊んでいる子供。
その子は多分小学1年生ほどの男の子。
お母さんは二人ともビールを飲んでいる。
俺の並べたビンゴカードを踏みつけんばかりに遊んでいる。
俺はちょっとばかり迷惑そうな顔で、その子の親を見た。
それを察してひとりの母親が子供に注意する。
「○○ちゃん、混んでいるから静かにしていなさい。」

そして、事件は起こった。

その子が言うことを聞かずに遊び続け、壁に跳び乗ろうとしたときに勢いあまって俺の顔面を蹴ったのである。

親が目撃していたかどうかは知らない。

そして俺は出来る限りの声を張り上げてその子に向かって怒鳴った。
「痛ってえーなっ、このやろうっ!」

ここで思うに、親が目撃していなかったとすれば、親の対応は「うちの息子が失礼をしましたか?」であろう。
目撃していれば、「すいません。○○ちゃん、謝りなさい。」だと思う。
しかし、俺の声にびっくりしてしまったのか、辺りは静まり返っている。
その子は俺の前から動けず、俺の顔と親の顔を交互に見る。

俺は基本的に子供は元気なほうがいいと思っている。
俺だってヤンチャだった。
でも、悪いことをしたらちゃんと叱ってくれた大人が近所にはいた。
だから、俺は叱ったのである。
しかし、頭の中ではマッハのスピードで考えていた。
その前から親たちの態度が気に入らなかったから。
この子を叱ってもあまりこの子のためにならないと。
多分この子は親からも他の大人からも、本気で叱られたことはないのだろうと思った。
そこで、叱るよりも怒ったほうがいいと決めた。
大人対子供の喧嘩でも、大人は手加減をしないで感情を爆発させる人も世の中にいるんだとわからせるため。
この方法が一番彼のためになるのだと。

その後、ひとりの母親は「○○ちゃん、謝りなさい。」と言った。
子供はうなづくだけ。
俺は怖がっていることを察して、「わかったか?」と、もう一度だけ大きな声で怒鳴り、視線を逸らした。
その後、子供は母親の腕の中で号泣した。

結局、子供は謝らず、親も謝らず、祭りは終わった。

今考えれば、あいつのキックは結構よかった。
力が抜けて、体重をうまく乗せて。
将来俺が極真空手の道場を持ったあかつきには、ぜひとも入門してもらいたいものである・・・。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「気持ち悪い」 

気持ち悪いでしょ・・・

これ、

厂下广卞廿士十亠卉半与本二上旦上二本与半卉亠十士廿卞广下

歳とると、こんなのが妙に気持ち悪いんですっ。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「106歳」 

「人間五十年 化天の内をくらぶれば 夢幻のごとくなり」

これは『敦盛』の一節である。
織田信長は、好んでこの一節を歌いつつ舞った。
天下統一へ向け、進撃を続けていた信長は、49歳で部下の明智光秀に殺された。
本能寺で襲撃を受けた時、炎の中で、やはりこの一節を歌いながら死んでいったといわれている。

今は昔・・・

日本男性の平均寿命は79.29歳。
平均まで生きるとすれば俺のこれからの人生は約30年ある。
まぁ、年月は関係ない。
残りのこの人生の中で、どんだけ~密度の濃い生活ができるかが勝負である。
どんだけ~っ。。。

でも、いままでいろんな占い師に見てもらったけど、俺の質問「何歳まで生きますか?」に対しての答えは全員一緒。
まぁ、自信もって答えてくれる人は50人に1人くらいですけど・・・。
そして、みんなが揃って・・・

106歳っ。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「レセプト」 

レシートってみなさんもらいます?

俺は100パーセントもらいます。

でも、コンビニってレシートくれないところ多いですよね。
とくに、若者がレジの場合。

そんな時は、「申し訳ないんだけれど、レシート貰えませんか?」って尋ねます。
丁寧に、くれないあなたがいけないんですよって、あくまで丁寧に諭します。

くれる人でも個性様々。
大体が・・・まずお札。
そして小銭を渡す時に俺の手の上にレシートを置いてコインを乗っけます。
コインは文鎮じゃねーぞーっ。
って感じです。

お客様にお金を渡す職業の人は注意しましょうね。
もちろん、俺を含めて。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「目を見て話せよ」 

俺が「いらっしゃいませ、デニーズへようこそっ!」なんて言って遊んでいる時間帯、夜中だからたくさんの学生さんたちにお目にかかることになる。
んでね、学生さんに限ってなんですが、半分くらいの人が俺の目を見て話さない。
視線恐怖症という病気はあるのは知っているが、半分の人がそんな病を患っているとは思えない。
相手の思っていることや感情を感じ取るために必要なんじゃないんかい。。。
コミュニケーションが苦手な人の多くは、言葉のみを抽出して捕らえてしまう傾向にある。
あの時ああ言われた、自分はこんなことを言ってしまった、と言葉のみを捕らえてしまい、そこにある真意を見逃している事が多い。
頭のいい人(ここでいう頭のいい人はペテンがきくということではなく、学業の点数がいいということですよ。)はそういう傾向、多いかも知れんね。
インテリジェントでもブライトでもクレバーでもなく、ワイズでもスマートでもシャープでもない、スコアーが良いだけの人。
みんなそんな人にはならないでね。

ちなみに極真空手では、目付けといって戦うときの視線は相手の肩から胸辺りをボーッと見ています。
したがって、目を見ない相手は「敵」。
気をつけなはれやっ!!!

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「メイク・ア・ウィッシュ」 

メイク・ア・ウィッシュという団体に募金をしました。
そうしたら担当の人が、紙のベアーにメッセージを書いてくれって、いただきました。

俺のライフワークの子供のためのボランティア。
俺の場合は、自分の時間と年収のそれぞれ1/7ずつをそんな子供たちのために役立てています。
そしてこの団体は、俺とほとんど活動内容が一緒です。
難病の子供たちの夢を叶えるというもの。
俺は一人でも、子供たちが幸せになればと思っているので、団体や大きさは関係なく、本当に信じれるものには寄付活動をしています。
自分が救おうとしている子供だけ助かって、ほかの子達はどうでもいいなんて思えるはずがありません。

で、もらったベアーに、メッセージを書こうとすると、ベアーの左足のところに小さく・・・

Illustration by 'wish child' Mayuko KIshi

と、書いてあるじゃあーりませんか。

えっ、キシマユコ?

って、貴志真由子ちゃんかよーっ。

俺のダチのダチ、真由子ちゃんだー。

っていうわけで、メッセージ書かないで、お家につれて帰ってきちゃいましたー。



天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「マスターカード」 

マスターカードといっても、クレジットカードではありません。

最近、俺の周りで流行っているカード。
分類としてはタロットに近いものがありますが、似て非なるもの。

「アセンデッドマスターオラクルカード」は、サン・ジェルマン、アポロン、パラス・アテナ、イエス、モーセ、ヨガナンダ、グリーンマン、クツミなど、44人のマスターや天界の存在たちからのメッセージを受け取るためのカード。
マスターたちの力強いサポートと守護により、あなたの人生は、愛と光で満たされるでしょう。
・・・という説明がついています。
これだけ聞くと、際物に聞こえますが、そんなことはありません。

まぁ、俺の場合はこれに別のものをプラスしてコーチングしていくのですが、100発100中。
きっと、誰がやっても、100パーセントの確立でメッセージは受け取れます。
ポイントはカードたちをどれだけ自分のものにできるかというところかな。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「マイペース」 

なんか、思うに、俺のペースって独特。

なんでもかんでも最初はゆっくりスタート。

そして、どんどん加速して、マックスに達したら微妙なバイオリズムを描く。

後から考えると、疲労のピークにいるときにベストなことができたりする。

疲れているとか、いないとか、そんなことは俺には関係ない。

バロメーターは起床までの睡眠時間。

思った時間に起きれないときは、どうも疲れているらしい・・・。

俺が良く使う「マイペースで行こうぜ!」という言葉。

決してペースを落とせと言っているわけではない。

あくまで、自分のペースにしろと言っているつもり。

ちなみに、俺のペースは"マッハ2"なので、俺の生活を真似ようとすると普通の人は疲れてしまう。

みんなも自分のペースに忠実に。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「ボーリング」 

世間はどうやら、お休みというやつに突入しているらしい。

しかしながら俺は自営業をはじめた23歳くらいから、盆と正月は休んだことがない。

思い切って休んでみようと考えたこともあったが、ストレスがなくなると具合が悪くなり初日より高熱なんてことになって、すぐ仕事に復帰するという羽目になる。

やっぱ俺は旅に出るしか休みらしい休みはとれないみたい。

ということで、打ち合わせを終わらせてから、ボーリングをしてきました。

うーん、数年ぶり、いやもっとだな。
ミッキー・カーチスさんのボーリング大会以来か?

5ゲームほどプレイして、ハイスコアは197。
あと3ピンでまだ見たことのない世界に行けたのに・・・。
うーん、残念。
いつかは、その世界に連れて行ってくれよ。
でも、ターキー2本獲ったからヨシとしよう。

で、その後ビリヤード。
こちらは20年位していない。
2クッションで当てるくらいのテクニックはまだ残っていたけど、昔のようにブレイクから9番ボールまで一人で落とせるようなことはもうなく、前は掌のように見えた台も今ではお釈迦様の手のようで・・・。

それでも、2回勝てたからいいかな・・・というレベル。

こうやって、「~だからいいかな」というふうに歳をとると妥協するようになる。

こんなことじゃダメなんだよ!

みんな、ちゃんと遊び続けろよ。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「本当の自分」 

男の隠れ家という雑誌が流行った時期がある。
今まだ販売しているかどうかは知らない。

男というものは、というか経営者というものはどうも隠れたがるもののようである。

それはなぜか?

本当の自分を確認するため。

世の中の経営者の人たちは常識だろうが、どんなにコミュニケーションをとる人でも、1日15分~30分は自分ひとりだけの時間を持つ。
そして、自分について考える。
俺も経営者だった頃は(まぁ今でも経営者なのだが)周りの人たちによく言われた。
1日数十分でいいから一人だけの時間を持てと。

一人暮らしならまだいい。
夜中に電話線を引っこ抜けば、もしくは携帯をオフにすれば、まず他者に邪魔されることはない。
結婚をしても相手が経営の何たるかを理解している妻(夫)であれば、心得てくれるだろう。
たとえ、小さな部屋に住んでいても、30分話しかけないでくれと言えばいい。

しかし、それを理解する連れ合いの少ないのはみなさんご承知だと思う。

考えているときには話しかけてくるし、適当に相槌を打てば後でひどい目にあう。

ちゃんと話し合う時間を設けて、理解してもらい、自分の時間を持てたとしても、隣で独り言を言われたり鼻歌を歌われたり。
たぶん普通の男性は、結婚した後は自分ひとりの書斎を持つまで、本当にひとりだけになる時間はないんだと思う。
それを所有したところで、ネコが扉をカリカリするかもしれないし、犬が散歩に連れて行けとばかりに吠えるかもしれない。
子供が宿題を見てくれと言いに来るかもしれない。

そして、ちょっと金ができるとやはり隠れ家という発想になる。
しかしそれでも現代は携帯電話というものがあるので、携帯を切っていると夫婦間のトラブルになること必至である。

早朝の禅寺で座禅を組むサラリーマンが多いのも頷ける。
誰にも邪魔されず集団の中で孤立する場所。
禅寺に行くか旅をするしかない。

俺はひとりで思っているのだが(あくまで個人的な見解)、毎日少しでもひとりになる時間のない者は、いい経営者になれない。

だから世の中は雇われて一生を送る人間が多いのだと思う。

そんな人間でなければ、よっぽど人並み外れた集中力の持ち主である。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「ファッション」 

最近ファッションが熱い。
一時の業界淘汰でボロボロだった状態から立ち直ってきた。
俺は若い頃の5年間くらいは着る服はヨージ・ヤマモトばかりだった。
そんな大ファンの彼も、2009年10月8日、民事再生法の適用を申請した。
負債は60億円。
高田賢三もブランドを退いた。
資産もパリの屋敷もすべて手放して・・・。
ファッション界のシューマッハ、ジョン・ガリアーノも最近は失速気味。
ファッション誌の広告でも最近はグッチくらいしか目を引くものがなかった。
しかし、それを自覚し、コンサバから革新の世界に入ってこようとしている企業努力が各社見えてきた。
老舗といわれた紳士服メーカーが結構頑張っている。
もちろんターゲットは中国を中心としたアジア。
みなさん、特に男性のみなさんはどんなお考えをお持ちだろうか。
まぁ、どうでもいいよという方は、エルメネジルド・ゼニアなんか着ていればいいのだろう。
ヴァレンティノのドレスなんていいよね。
きれいなピンクのドレープドレス。
確かヒロスエリョウコという女優が着ていたな。
そして、バーバリーのラインで、ハリポタのハーマイオニーがキャラクターになっていた「BURBERRY PRORSUM」。
国内では表参道のみの取り扱いだったが、これがGOODだったね。
エマ・ワトソンの若いけどだらしない金持ちキャラな感じにピッタリだと思う。(これ、褒め言葉ですから・・・。)
弟くんのメンズラインもいい感じだった。
こういうの見ちゃうと、最近ユニクロばかりが増える自分のクローゼットが情けなくなる。
やっぱ、ユニクロなんて着てちゃだめだよなぁ。
ぜんぶすてよう。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「美人」 

小学校からの同級生で同じ中学に行き、同じ高校から同じ美術学校に行った女の子がいる。
俺は小学校からの同級生、つまりは幼なじみというやつなので、彼女のルックスは気にもとめていなかった。

しかし、二十歳くらいになると周りが騒がしいことに、バカな俺でも気づく。
彼女と歩いていると、みんなが振り返る。
酔っ払いが声をかけてくる。
待ち伏せをしているやつがいる。
休み時間はクラス中というか学校中のやつらが集まってくる。
帰りの東横線で渋谷から横浜まで、彼女が熟睡して俺の肩を枕に寝ているときなどは、どれだけの男に睨まれたか。。。

そんな彼女だから、就職もうまくいかない。
行く会社行く会社すべてが社長もしくは上司に言い寄られ、やばいところは逃げ出すように退社をする。
つまりは仕事が続かない。

先日「きれい過ぎて仕事をクビになった女性」というテレビを見ていて、彼女のことを思い出した。
いっぱいいっぱい遊んだ思い出。

今はうまくいってるよね?
きっと。。。

俺は結婚して苗字が替わり、彼女もたぶん苗字が替わっていることだろう。
たぶんお互いもう見つけることはできないだろうね。

でも、俺はいつでも君のことを思い出すことができるんだ。
幸せにね。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「パスタ」 

俺はパスタ作りには自信がある。
・・・という男は、きっと80%くらいいるんだろうなっ。
と思いながら断言する。
「俺はパスタ作りには自信がある」www
でだ、そこらの男と一緒にされたくないので、もちろんレトルトなどは使わない。
しかし、もちみちとも一緒にされたくないので、ひき肉からミートソースを作りましたなんてこともしない。
イカスミ、カルボ、ペペロン、魚卵。
ここら辺はありきたり。
で、ネーミングから考えてみる。
名前を聞いた瞬間に目の前に想像できそうなもの。
口の中に味が広がりそうなもの。

で完成しました、その名も「スカボローフェア」。
コンソメベースのペペロンチーノに強めのハーブ。
材料はもちろん「パセリ、セージ、ローズマリー&タイム」。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「ハエグラス」 

20年ほど前からずっとずっと欲しかったものが、やっと見つかりました。

それはね、ボノがThe Flyでかけているサングラス。
グラサンは20個ほど持っていて、結構壊すので半年に1つずつくらい増えてはいるんだけど、100点満点がなかなかない。
微妙にラインが違っていたり、色が若干違っていたり。
せいぜい80点がいいところ。
そして、20年前に一目惚れしたサングラス、ここ数年あきらめて探してもいなかった。
そしたら、見つけちゃいました。

でも、これが買えない。
アドレスを入れるところに「JAPAN」て、あるのにカートに入れられない。
ちっきしょうめっ!
うーん、ほっすぃーよーっ。
結局、四苦八苦している間に黒は売り切れ。
黒緑と茶も売り切れ。
あるのは青のみ。
なんかブルーってスポーツ選手みたいで、不良っぽくないんだよなぁ。
このまま、ライン終了なのかなぁ。

悲しいですっ!!!

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「入店お断り」 

フルフェイスヘルメットを着用のままでのお買い物はお断りします!

という看板や店内放送が流れているコンビニが多い。
で、ついこの間、近所の「まいばすけっと」というスーパーに入店すると、入った瞬間に店の中には顔が隠れるくらいのサンバイザーをかぶったおばちゃんが5人いた。
客のサンバイザー着用率100パーセント。

これっていいのかねー?
おばちゃんは強盗しないけど、おばちゃんの振りした強盗はいるかもしれない。
メットは凶器になるけど、バイザーは凶器にはならないから、いいのかなぁ。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「ドミノ・ピザ」 

みなさん、ネットでドミノ・ピザを頼んだことありますか?
これが凄い。
注文を確定すると、トラッキングショーに飛ぶボタンが表示されます。
それをクリックすると、下のようなビデオが流れます。
それだけなら、フーンて感じです。

しかし、このビデオの中で、オーダー表にちゃんと「○○様」って注文者の名前が入ってるんです。
ピザのパッケージシールにも注文者の名前が・・・。

なんと、、、ケータリングも進歩しましたねー。
そして、このビデオが終わったら数分でピザが届きます。

つまり自分の頼んだものが、リアルタイムで見れるという設定。

すんばらしい。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「出口」 

お先真っ暗な世の中で、お先真っ暗な人生の中で、一歩を踏み出す。

そちらの方向でいいのかどうかさえわからず、その一歩さえ踏み出せない人がいる。

人生とは何ぞや。

生まれてから死ぬまでを「人生」という。

入り口から出口までの旅ならば、出口は常に真正面にある。

恐れずに、まっすぐ歩いていけばいい。

その都度、方向を変えたって、後ろを振り返ったって、常に出口は真正面にある。

出口は誰でも通る道。

通り方は人の数だけ。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「スカイマイル」 

飛行機は結構乗るかなぁ。
まぁ、一般的な人々の頻度がわからないんでなんともいえませんが・・・。
でも、ここ最近はぜんぜん乗っていませんね。
一番多いのはプライベートジェット。(もちろん、俺のじゃあーりませんよっ!)
そして、国内航空会社が年50回くらい。
その半分が海外の航空会社。
で、俺がよく乗っていた頃は国内線は期限があって、すぐ失効しちゃうのね。
海外はマイル使っていろいろ行ってたから、貯まったり減ったりの繰り返し。
ノースウエスト航空が多かったんだけど、デルタ航空に統合されてからはほったらかし。
で、問い合わせしてみました。

マイル数は213,647マイル。
ということはエコノミーでよければ、アジア・グァム・サイパン・ハワイなら無料で約10往復、アメリカ本土ならもっと行ける計算になる。
・・・あくまでザクっとした計算ですよ。
放っておくのは、もったいないか。
また、旅でも行きますかね。

俺っ、飛べっ、スカイマイルでっ!

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「住宅ローン」 

最近、土地建物の値段が下がったとはいえ、そこそこいい家に住みたいと思ったら、やはり結構な金額がかかる。

家賃18万円を12ヶ月で35年支払うと・・・7,560万円
プラス更新料で306万円(固定資産税と同額とする)
プラス諸費用で208万円
これらの合計で8,074万円(取得税などは含んでいない)

これをローンで組むと月々返済40万円
総支払額1億6,800万円

1億6,800万円で賃貸すると78年間借りられる 。
キャッシュで買うと40年ただで住める計算となる 。
7,560万円の家を月々18万円のローンで組むと元本3,550万円の家しか買えない 。
ここから諸経費を引くと約3,000万円の家となる。
ただしこれには夢の金額は入っていない。
「自分の家」を所有するという目標を持って来た人は、どうぞがんばってそれを実現してほしいと、俺は本心から願っています。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「職業」 

自分の職業を決める必要はないんじゃない?
とくにクリエイティブな仕事している人は。
マルチに活躍する黒柳徹子。
彼女は、女優、タレント、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家、などさまざまな肩書きを持つ。
わかりやすくいうと、彼女の職業は「黒柳徹子」である。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「継続は力」 

生きていくのってたいへんですよね。
日々時々そのときを精一杯生きて一日が終わっていく。
仕事だけでもたいへんで、それに家事が加わり、そして子育て。
若い頃は夢を追いかけていても、いつの間にやら目標がなくなってしまう。
そんな方たち多いと思います。

でもね、何でもいいと思うんです。
何かひとつ、生活以外で頑張ってみることも必要なんじゃないかって。
本物になれなくたって、偽者のままで終わったって、それはそれ。
その場所に行ってみたときに、そこから見える景色を眺めてみたいなって。

継続は力。
続けていれば、いつもチャンスの近くにいることになる。
「続けることは一番チャンスの近くにいること」
すぐそこに本物への入り口があるかもしれない。
疲れたら休む、そしてやめないこと。
もちろん人生も。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「グラマラス」 

美味いものって幸せだよねー。

幸せな場所で、(例えそれが自宅であっても)
サービスが行き届いていて、(例えそれが家族であっても)
美味しい料理がある。(例えそれが自分が作ったものでも)

それが愛する人の次にくる幸せ。
だから男は好きな女性を美味い店に連れて行きたがる。
決して「俺といるとこんなに美味いものが食えるんだぜ」というアピールではない。
なので、いい男はほとんどの場合、食通である。
試しに、初めての場所でその男性に店を選ばせてみるといい。
そんな男性は今までの経験を生かし、視覚・臭覚・聴覚、そして第六感を使って、うまい店を必ず探す。
そして、重要なのは価格ではない。
安かろうが高かろうが「美味い」ということだけで店を決める。(もちろん「美味い」の中には雰囲気とサービスも含まれる)
または、自分の家に呼んで、冷蔵庫の中にある食材で料理をしてもらうといい。
食べたことのないような魅力的な食事を作ってくれるだろう。

日本人は、衣・食・住。
アメリカ人は、住・食・衣。
重要な順番が違っている。
これは、正しいのか間違っているのかはわからない。

しかし、これだけは正しいと思うことがある。
優先順位として最初に「愛」、次に「食」を選ぶ人間は、100パーセント生き方がセクシーである。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「クレーム」 

俺はけっしてクレーマーではない。
ということを述べてから、話の話題に入りたい。

これはすべて1週間の間におきた話である・・・。

★M1へのクレーム
電話・・・
俺「あの、昨日買ったバリューセットに付いていたカフェオレの中から軟骨みたいなものが出てきたんですけど。」
お客様係「あっ、それはタイヘン失礼しました。その商品は現在お手元にありますでしょうか?」
俺「気持ち悪いんで捨ててしまいました。(この時点で実は商品は手元にある)」
お客様係「そうですか、それは牛乳成分が固まったもので、体に害はございません。」
俺「そうですか。大丈夫なんですね?」
お客様係「はい、大丈夫です。」
俺「じゃあ、牛乳メーカーに聞いてみますんで、電話番号教えてください。」
お客様係「すいません、それは出来ないんです。」
俺「じゃあ、保健所に聞いてみますから、いいです。」
お客様係「えっ、どういうことですか?」
俺「さっき捨てたっていったんですけど、実は手元にあるんですよ。だから教えていただけないのなら、保健所に言って調べてもらいます。」
お客様係「お客様、少々お待ちください。それではこちらで引き取らせていただいて調査させていただきます。」
俺「いいかげんにしてくださいよ。証拠が無いといえば、見てもいないのにそれは脂肪だから大丈夫だってあなた言ったでしょ。それで実は商品ありますって話になったら、急に調査するって、どういうことよ。」
数十分後・・・自宅にて・・・店長がやってきて「今回は誠にすいませんでした。ちゃんと調査をしまして、少し時間がかかるかもしれませんがご報告します。」
名前を名乗らず、目を見ず、マニュアルどうりの台詞を言って帰っていった。

★M2へのクレーム
電話・・・
俺「大岡山店で持ち帰りで購入したカレギュウなんですけど、家まで持って帰ってきたら、ビニールの中カレー溢れかえっちゃって食べられないんですけど。」
お客様係「パッケージがちゃんと閉まっていなかったということでしょうか?」
俺「こちらが悪いのかと思って一応都立大店に電話して確認しました。カレーと牛皿は別のパッケージに入れるようになっているらしいんですが、大岡山店では蓋をしないでそのままビニールに入れたみたいです。蓋が無いんだから溢れて当然ですよね。」
お客様係「それは申し訳ございませんでした。」
俺「私みたいに嫌な思いをする人がいると困るから、一応指導してください。」
お客様係「すぐに取りに伺いますので。」
俺「いや、別にいいです。自分はしょっちゅう行っているので、もめたくないし、クレーマーが来たと思われても嫌ですから。」
お客様係「大丈夫です。店長を伺わせますから。」
数時間後・・・自宅にて・・・店長がやってきて「すいません。あーっ、こぼれちゃっていますねー。すいませんでした。」
名前を名乗らず、目を見ず、帰っていったのはM1と同じ。
違うのは、誤り方を知らない。
名刺を持ってこない。
どうしてこうなったかを説明しない。
交換商品はおろか、説明のためのパッケージすら持ってこない。
そして、一番頭にきたのが、家のゴミ箱の上にビニールから取り出した商品を置いて、カレーだらけになったゴミ箱の蓋も拭いていかないどころか、汚したことさえ気にしていないということである。
そして、俺は多分この店には一生行かない。

★Oへのクレーム
電話・・・
俺「すいません、さっきテイクアウトで購入した餃子、タレどこに入っているのかな?」
お客様係「すいません、パッケージの中に入ってなかったでしょうか?」
俺「ごめん、一応確認してみたんだけど。」
お客様係「今すぐお持ちします。タレはいくつ必要ですか?」
俺「一人前だけど、、、じゃあ二つもらってもいいですか?」
お客様係「承知いたしました。」
数分後・・・自宅にて・・・息を切らし汗だくになって走ってきた店員が最敬礼で誤った。
「今回は私の落ち度です。すいません。本当にすいませんでした。ご迷惑おかけしました。」
俺「ごめんね、本当は自分でタレくらい作ればいいんだけど、おたくのタレ美味いからさ。無理させちゃってごめんね。仕事に戻ってください。」
店員「申し訳ございませんでした。このビニールの中にタレ入ってます。2つと言われたので一応4つ持ってきました。あと、サービス券入ってますんで、ご利用ください。すいませんでした。申し訳ございませんでした。」
ドアを閉めてからも帽子を脱いで最敬礼する彼の影が磨りガラスの窓越しに見える。
閉めたドアの向こうから「すいませんでしたっ。」とまだ彼の声が響く。

もちろん俺はクレーマーではないので、いただいた大量のサービス券は丁重に捨てさせていただいた。
1件目が数十分後、2件目が数時間後、3件目が数分後、その早さとこちらのストレスは反比例する。
飲食店のサービスとはこうも違うものなのかと考えさせられた一週間であった。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「配られたカード」 

人生というゲームにおいて配られたカードの変更は利かない。
例えそれが最悪のカードだろうと、そのゲームを乗り切らなければいけない。
最初は良いカードでも自分のミスで悪いカードに換わってしまうこともあれば、ジョーカーがやってくるかもしれない。
しかし、残りの人生は手持ちのカードを何とか駆使して生き残っていくしかない。

偶然という平等に与えられた権利で、不幸だと思っているのは自分だけかもしれない。

強く生きていくことができれば、最初からそれほど良いカードはいらないかもしれない。

目が見えない者、口のきけない者、耳の聞こえない者、病んでいる者、体の不自由な者、それはすべてカードの一部である。

それでも、ゲームに参加したいと思うなら、他のプレーヤーは快く受け入れてくれる。

たぶん俺は片足が無かったとしても、きっと車に乗っているであろうし、片手が無かったとしても、きっと極真はやっていると思う。

要は「生きる」っていうこと自体、本人のやる気なのである。

俺はこれからもこの「配られたカード」で楽しみながら生きていく。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「九頭竜」 

これは芦ノ湖が万字が池と呼ばれていた頃の話である。
九頭竜は怒り狂っていた。
しばらく姿を見せなかった九頭竜だが、それは嵐の前の静けさだったのだ。

「竜神さまのたたりが恐ろしい。」

「このまま何事もないといいがのぉ。」

村人は不安な日々を送っていたが、そんなとき突然、疫病が村に蔓延した。
コロリとかいう恐ろしい病だった。
そして、やっと疫病が治まったかと思うと、今度は山火事が起きたり、湖水が溢れて洪水が起きたりした。

「このままでは村が全滅してしまう。」

「竜神さまが怒ったのじゃ、竜神さまの心を鎮めねばならん。」

箱根村では毎夜、寄り合いが開かれた。

「むごいことじゃが、毎年ひとりずつ娘を竜神さまに捧げることにしたらどうじゃろう。そうすれば怒りが鎮まるかもしれん。」

「いけにえか…、やむを得んな。」

その後、毎年、白羽の矢の立った家の娘が湖に沈められ、竜神の怒りを鎮めることになったのだが…。
あるとき、この話が箱根山中で修業をしていた万巻上人(まんがんしょうにん)の耳に入った。

「なにっ、竜神にいけにえを差し出すだと?」

上人は山を下りて村へ飛んで行った。

「かわいい娘を…。さぞ辛かったであろう。かくなる上は、この万巻上人、み仏の力によって竜神を退治してくれようぞ。皆の衆、湖に向かって石段を作ってくだされ!」

村人が石段を作ると上人はそこに座り、三、七、二十一日の間、断食して一心不乱に祈り続けた。
万巻上人は湖中の九頭竜を大いに苦しめ、ついには九頭竜を降参させた。

「もうたまりません、おゆるしください。」

「許せん、おまえの犯した罪は山よりも重い。」

「そこをなんとか・・・。」

「ダメだ、もう二度と湖上に来てはならぬ!」

上人はそう言うと九頭竜を湖底に生えている逆さ杉に鎖で縛り付けた。
それから、どれくらいの年月が流れただろうか。
ある夜、九頭竜は上人に涙ながらに訴えた。

「犯した罪のつぐないをしとうございます。どうか鎖を解いてください。」

上人が九頭竜を信じて鎖を解いてやると、九頭竜は山に入って姿を消してしまった。
それからというもの、村にはなんの災害も起こらなくなり、村人は安心して暮らせるようになった。

「これはきっと、九頭竜が守ってくれているからだ。守り神にして祀ろう。」

村人達は芦ノ湖の小さな島に社を建てた。
これが九頭竜神社である。
そして、竜神へのお供えとして毎年一度三斗三升三合三勺の赤飯を船に乗せていき、竜神が縛られていたという逆さ杉のところに沈めるようになった。
この神事は今も湖上祭(竜神祭)に受け継がれている。
7月31日の夕闇せまるころ、箱根神社では三斗三升三合三勺の赤飯を入れたお櫃(ひつ)を船に乗せ、宮司がひとり付き添って逆さ杉のところへ赤飯を沈めに行くのだ。
このとき、箱根神社の大燈篭に火が灯されるのだが、この火は氏子が竜神に捧げる聖火で、この行事を「竜灯祭」という。
もしも赤飯を入れた櫃が浮き上がると、それは、竜神が受け取ることを拒んだということらしい。
そうなるとその年は不漁になったり、山火事・疫病が流行るという。
その他に、竜灯祭で船を漕ぐ船長は一切無言を守らなければならず、櫃を沈めての帰りには決して逆さ杉の方を振り返ってはならならないという厳しい掟がある。
もし、この掟を破れば、その年に大水が出ると言われているのだ。
なお、沈められた櫃は、三日三晩たって南足柄市の大雄山駅に近い清左衛門地獄、別名「浮泉」という深い深い池に浮かび上がると言われているのだが、それを見た者は誰もいない。

箱根に行った際には、この話を思い出して、ぜひお立ち寄りください。

箱根神社にも分社がございます。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「拳銃所持」 

先日電車に乗っとりましたら、目の前の席に若者が座っておりました。
地方都市のガラガラの電車で、足を大きく広げてふてぶてしい態度です。
歳はたぶん20前後でしょうか。
龍と虎のおしゃれな柄のシャツにとても太いスラックスを着こなしておられます。
髪はパンチパーマが伸びた感じでしょうか。
眉毛もきれいに細く整えられて、好感が持てますね。
俺はじーっとその若者の目を見ておりました。
決して睨んではおりません。
涼しい眼で見ておりました。
彼と視線が合い、俺は彼ににっこりと微笑みました。
「チッ」と、彼が言います。
その方も俺の目から視線をそらさなくなりました。
その方はズボンのポッケに手を入れて拳銃をこちらに向けました。
ポケットの部分がとんがって俺に向いております。
もしかしたら指かもしれませんが、きっと拳銃です。
そして片手で胸ポケットから煙草を出し、口に咥えて火をつけました。
そして、俺に向かって、「何見てんだ、こらぁーっ!」と怒鳴りました。
俺の仏顔にも限度がございます。
禁煙なはずの電車の中で煙草を吸っているのはいいことではありません。
ましてや拳銃所持。
ちょうど駅に止まったところだったので、座っている彼のみぞおちを尖がった革靴の先で軽く蹴らせていただき、彼が前かがみになったところで、俺の膝が偶然にも彼の鼻をつぶして、髪の毛をつかんで駅のホームにポイしちゃいました。
きっと彼は良い青年に生まれ変わり、拳銃所持をしたらたいへんなことになるという自覚が持てたはずです。
よかったねーっ。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「虐待」 

すべてが優れている人など、この世の中には存在しない。
良いところ、そして悪いところがあってこその、人間である。
強い部分だけではなく、人に見せなくとも弱い部分をすべての人が抱えて生きている。
俺の仲の良い友、尊敬する師、家族や、そして自分自身だって、嫌な部分や弱い部分を持っている。
人を憎むこともある。
人を羨むこともある。
人を傷つけてしまうことさえある。
それでも、人生は続いていく。

しかし、子供や動物は親や飼い主の良い部分しか見ない。
虐待を受けても、その人の悪い部分は見ないようにする。
全面的に信用し信頼する。
なぜなら子供は親を選べないし、ペットは飼い主を選べないからである。
だから絶対に傷つけてはいけない。
最初は教え、次にさとし、叱って、わからなければ怒る。
そしてそこに信頼関係が存在するなら、心も体も傷つけることは許されない。
たとえ自分がそのようなことをされた経験を持っていても、復讐をしてはいけない。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「オヤジ狩り」 

オヤジ狩り。
おーこわっ。
そういえば、俺、オヤジ狩りにあったことないですねー。
こんなに弱々しくて、人見知りで、繊細なのにっ。。。
少しは絡んでくれてもいいでしょ?

「おい、金だせよ!」なんてね。
言われてみたいっ。

がんばって思い出してみると、金で絡まれたのって中3の時に一回だけだなぁ。
そのころはトッポくて、リーゼントにアロハ着て、白のドカンでエナメルの靴。
今考えれば、「なんですと!」というファッションセンスで、夜の10時頃にパチンコ屋で囲まれてチョーパン入れられて、前歯全部折ったくらいですね。
50年の人生でそれ一回かも。

全盛期の高校くらいは、金ではなくカッコが気に入らないっていう理由か、ガンつけたというもの。
いや、違うかな、今考えれば相手が「金出せっ」って言う前に伸しちゃってたのかもしれん。

オヤジ狩りで捕まえられたところを成敗。
っていうのはいいなぁ。
まぁ、妄想ですけど。

ザ・逆世直し・・・みたいなね。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「生きている意味」 

人が生まれてから死ぬまでを人生という。

その期間は人それぞれ。

数分という人もいれば、100年という人もいる。

明日生きているか死んでいるかは、誰もわからない。

だから、今生きていることを実感できる。

何かをすることに遅いなんていうことは無い。

20歳で始めて21歳で死ぬより、80歳で始めて90歳で死ぬ方が、ずっとうまくなるし充実感もある。

だから俺は年齢で差別しないし、年齢を理由にネガティブなことをいう奴は大嫌いである。

そして、楽しみも苦しみも辛さも、全部味わうことが人生の醍醐味である。

すべてがうまくいく人生なんて、ぞっとする。

叶わないことがあるから人生は面白い。

生きている意味なんて考えなくていい。

それは後から誰かが決めてくれる。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「アファメーション」 

アファメーションを日々繰り返す。
それが最も効果的な自己啓発ですね。
これを毎日繰り返すことによって、自信が沸きエネルギーが生まれます。
子供の頃にはやっていたのに、大人になったら忘れちゃいます。
エネルギッシュに生きたいなら、これ必見です。
ジェシカのアファメーション。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「アスファルト」 

むかしむかしのおはなし。
俺の尊敬する人物が言っていた。
これからはエコの時代。
アスファルトを大地が息ができる素材に変えなくちゃいけない。
そして、その研究中に息を引き取った。
その人はありとあらゆる分野を研究していた。
基本は真空。
真空状態の中でいろいろなものを実験していた。
その人は、これからの時代は農業だとも言っていた。
個人が所有できる小さな畑を耕すコンバインもきっと流行るだろうといっていた。
ホンダが開発するずっとずっと前の話。

今、彼がその時に語ったことが、どんどん現実になっている。
しかし、大地が呼吸できるアスファルトはまだ現実になっていない。

きっと、俺が大金持ちになったら実現して見せますよ。

あなたの夢。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「ジョナサン・アイブのスピーチ」 

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「iPad」 

2010年、「iPad」を買おうと決めた日。
「iPad」って、何に使えるの?
って、ヤマダ電機の店員に聞くように、周りのみんなに質問してきた。
俺の周りには、精通している人間とそうではない人間の2種類しかいないので、答えは「何に使いたいのかによる」か「知らない」のどちらかであった。
昔、PCが普及し始めた時、どこの電気店でも言われたことである。
「何がやりたいの?」ってね。
そんな疑問が、このビデオで解決したもんです。
広島弁ですけど・・・。

この時から世代も進み、そのうち空飛ぶぜ「iPad」。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「なりたい者」 

今の若い奴らは「夢は叶うはずはない」と諦めてしまう。
トップに立てるのはほんのわずか。
自分で自分の夢を叶わないものと勝手に決め付け、挑戦しようともしない。
戦う前に理由を並べて、無理だと納得して逃げてしまう。
土俵にも上がらないから、本当に満たされてはいない。
ビリでもいいから、大きな夢に挑戦しようと気付くのは残念ながら俺くらいの歳を取ってから。
ほとんどの人間というものは、誰に頼まれもしないのに自分で考えた勝手な理屈を自分に押し付けて、5%の可能性を0%にしてしまう。
それが大人になる方法だと自分にも他人にも言い聞かせる。

だけどね、無茶しようがそつなく生きようが、歳を取ればみんな平等に大人になるんだよ。
大きな舞台で勝負できないのは、結局自分に自信がないから。

できると信じる自分と、できると信じてくれる誰かが一人でもいれば、運や才能は関係ない。
なりたい者に、お前はなれる。
たとえ、お前自身が諦めてしまったことでも、それができると信じてくれる人がたった一人いるだけで。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「命の三角形」 

目から鱗の話である。。。

私は、アメリカ国際レスキュー隊の隊長で災害担当責任者のダグ・コップです。
アメリカ・国際レスキュー隊は、世界で最も多くの経験を積んだ救助隊です。

私は60カ国で組織されている国際レスキュー隊のメンバーと共に、1985年以降ほとんどの主だった災害の救助活動にあたり、875もの崩壊したビルに入りました。

私が初めて救助活動にあたったのは、1985年のメキシコ大地震のとき、メキシコシティーの小学校でした。
子供たちは皆、机の下敷きになっていました。
この子供たちが、もし机と机の間の通路にいたなら、助かっていたかもしれないのにと思うと、私は本当にいたたまれませんでした。

ビルが崩壊して、天井が落っこちてきたときは、テーブルや家具などを押しつぶし、その隣には空間ができますがその下に空間ができることはありません。
テーブルや机の下に入らないでください。
家具が大きかったり、強度があればその横に空間ができるのです。
この空間こそが「命の三角形」です。
そして、この空間に入り込めば、助かる可能性が高くなります。
実際、崩壊したビルにはこの「命の三角形」がたくさんあります。
地震のときは、以下の注意を守ってください。

1.
ほとんどの人は、地震のとき、机やテーブルの下にもぐりこむが、これでは、崩落したときには、助からない。
地震の際、すぐに外に出ることができなかったら近くにある大きくて強固な家具(机、テーブル、ソファ、ベッドなど)の横で、胎児のように丸く、なるべく小さくなってうずくまること。
この体勢をとると、命の三角形の中で助かりやすい。
2.
夜、ベッドで寝ているときに地震が起こったらベッドから下りて、ベッドの横で、胎児の体勢をとること。
ベッドの横は、命の三角形ができやすい場所である。
全てのホテルのドアに、このことを明記したなら地震の際のホテルでの生存者が飛躍的に増えるだろう。
3.
地震のときは、ドアから離れること。
ドアのそばにいる人は、助からない場合が多い。
4.
なるべく、建物の中心から遠ざかること。
外壁に近いほど、助かりやすい。
5.
車に乗っているときは、崩落した道路や落下物の下敷きになることがあるので車からは直ちに降りて命の三角形ができる車の横で座るか横になること。
6.
木造家屋が実は、いちばん安全。
木は地震で動いたり、しなったりするので崩壊しても大きな空間を作りやすいし、重さが分散される。

今の教育は知らんが、俺たちが子供の頃は地震のときは何かが上から落ちてくるって教わった。
だから机の下にもぐれと。
でも、最近の震災の規模は違う。
家から潰してしまう。
頭を守りながら命の三角形にとどまれるような、そんなことができるのがベストなんだね。
彼の意見は賛否両論。
批判する人もたくさんいる。
だから自分で考えるんだよ。
自分の命なんだからさ。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「24時間」 

ジャック・バウアーは24時間あれば、大抵のことは解決してしまう。
俺はどうか?
彼に比べたらどってことない。
昔は1日で東京と九州を3往復したこともあったが、今はその頃に比べたら隠居みたいなもの。
で、俺は毎日どんなことをして生きているのか。
自分に課しているルールは何なのか。
したいことではなく、することをまとめてみた。

■目覚める
■空気を吸う
■深呼吸する
■香りを感じる
■目を見開く
■口角を上げる
■スケジュールを見る
■声を出す
■アファメーションする
■祈る
■明日死んだらと思う
■五体満足を実感する
■挨拶をする
■動物に触る
■人と話す
■窓を開ける
■鳥の声を聴く
■天気を確認する
■為替を確認する
■手を洗う
■うがいをする
■歯を磨く
■水を飲む
■トイレの掃除をする
■トイレのカバーは閉める
■髪を整える
■手相を描く
■絶好調と言う
■牛乳を飲む
■コーヒーを飲む
■着替える
■アクセサリーを身につける
■かばんを持つ
■電話・メールに感謝する
■部屋を出る
■靴を履く
■鍵を閉める
■ポストを確認する
■太陽を浴びる
■走る
■きれいなものを見る
■恋をする
■散歩をする
■旅をする
■時計を見る
■欲望を確認する
■家族に感謝する
■英語を話す
■パスポートを持ち歩く
■人の言うことを聞く
■空を見る
■天気を楽しむ
■風を感じる
■緑に触れる
■土に触れる
■深呼吸する
■買い物をする
■欲しいものを我慢する
■時間を守る
■鍵を開ける
■電気・ガス・水道に感謝する
■パソコンを開く
■為替を取り引きする
■キャッシュをテーブルに置く
■口座を確認する
■メールを確認する
■ひとりの時間を持つ
■かばんの中を整理する
■PCの中を整理する
■クレジットカードを持ち歩く
■料理を作る
■皿を洗う
■極真空手の型をやる
■目に付いた所を整頓する
■物を売る
■計算する
■大きな電卓を使う
■お金を稼ぐ
■掃除する
■裸足で歩く
■才能を確認する
■1秒を意識する
■リラックスする
■チャンスを探す
■チャレンジする
■神を感じる
■人を感じる
■全裸になる
■風呂に入る
■ストレッチをする
■野菜を食べる
■味わう
■美味しく食べる
■美味しいと声に出す
■貯金をする
■文字を書く
■億万長者になったことを想像する
■安心を想像する
■自由を想像する
■心地よい気分を味わう
■地図を見る
■旅を想像する
■募金をする
■本を読む
■音楽を聴く
■ブログを書く
■営業活動をする
■植木に水をやる
■お金に換えられるものを探す
■ゴミを捨てる
■そのままにしない
■歩く
■父母を想う
■月を見る
■お腹を空かせる
■蜂蜜を舐める
■良い匂いを嗅ぐ
■腕立て伏せをする
■腹筋をする
■背筋をする
■スクワットをする
■笑う
■映画かドラマを1本見る
■売上の1/7を寄付する
■生活費を払う
■財布の中を整理する
■オラクルカードに指示を仰ぐ
■ミーティングをする
■想像していなかったことをやってみる
■雨風が凌げる場所で眠れることに感謝する
■真っ暗にする
■無音にする
■明日することを決める
■明日の洋服を決める
■洋服を整理する
■波に乗った感覚を味わう
■生きている確立に感謝する
■眠る

・・・と、こんな感じ。
がんばれっ、俺っ。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「千本桜」 

まずは原曲・・・



で、50歳にも心地よく・・・

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「ファミマ入店音」 



これっ、自分で作ったのかな?
サンプリングだろうか。
まぁ、詳しいことはわかりませんが、この音・・・
NationalメロディサインEC522-7Wというインターホンの音です。
さわやかな2つの音色でお知らせしてくれます。
メロディコールとピンポンコールがあり、ファミマの入店音は前者です。
乾電池専用でトランス電源での使用はできません。
押釦と本体の配線は、他の配線より50cm以上離して設置しなければなりません。
蒸気や油煙が直接かかる場所や、高温になる場所には取付できません。
また、ドアスイッチのように接点が入りっ放しになるスイッチは使用できません。
これ、とっくに廃番商品ですが、俺実は新品で在庫品持っています。
どうしても・・・という方にはお譲りしますよっ。。。

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「半帽メット」 

俺がガキの頃は「族」と言えばこの半帽メット。
ホンダのホーク2かなんかを絞りハンドルにして、ホーンはゴッドファーザー。
ドカジャン着て編みサン履いて、こいつを被ってましたね。
で、俺の今のメットはシルバーの半帽錆バージョン。
以前お見せしたMacBookの錆よりちと粗め。
こいつはペンキメインです。
約30年前にバイトで東京ディズニーランドのオープン時、「ウェスタンランド」にあったスピーカーを緑青吹いたように塗ったり、新品の樽を古く見えるように塗ったりしたときの技で仕上げました。
いやーっ、久しぶりだと上手くいかねっ。。。

IMG_1113.jpg

天地真理郎(あまちまりお)の50歳からの「アルバイト」 

50歳で隠居生活。
これも悪くはないかもしれない。
でも、人生あと何年生きるかわからないのに、何にもしないってどうよ?
で、俺の場合はアルバイト。。。
まぁ、バイトのつもりで働いているわけではなく、趣味のつもりなので続きます。
飲食店で職場は4割が10代、5割が20代、残りが30代。
つまり俺はとびきりの長老である。
で、客は俺のことを店長だと思っている。
クレームは俺のところに来るが、デメリットよりメリットのほうが多い。
若い奴らとの交流もあるし、元気も貰える。
俺に怒るやつはまずいないし、美味いもんだって食える。
最初は週1〜2のつもりだったのが、今では楽しくて週5で働いている。
いや、遊んでいる。
だいたい夜の22時に入って早い日で翌日1時上がりの3時間。
それでも交通費を入れて4,200円いただける。
4時間の日で5,450円、長い時は朝まで8時間コース。
この日はメシも食えて8,884円いただける。
これで行くと・・・
週休2日で週5日勤務、4日4時間働いて1日だけ8時間働く、そうすると27年で5,000万円貯められる。
いま金に困っていなくても、ぜひおすすめしたい遊びのひとつである。
50歳からのBlog Search
50歳からのボランティア
H
50歳からの自己啓発
H

H

↑カーネギーの道は開ける。どう足掻いても、真っ暗闇のとき、何度も助けてもらった良書です。死しか待っていなかった俺でも、今生きているのはこの本のおかげかもしれません。
H

↑シークレットのDVD版。本よりもこちらの方がおすすめです。内容が内容なだけに、本だと途中で諦めてしまう可能性がありますからね。
H

↑本田さんの書籍はとても道徳的。だから一般の人には良くわかると思います。この方はスピ系よりも、ここら辺から入門するのがおすすめです。
H

↑メンタルな部分を鍛える自己啓発系の書籍です。この手の本にしては500ページという膨大な量になっています。しかし、グローバルな考え方を持っていないと、多分ついていけません。
H

↑ページの右半分がストーリー仕立ての「物語篇」、左半分が解説調の「実践篇」になっているという、異色の1冊。啓発系の中では、俺の一番のおすすめでしょうか。
H

↑「ありがとう。ごめんなさい。許してください。愛しています」たったそれだけの言葉で幸せを手にいれる方法。
H

↑小説としては最高傑作のアルジャーノン。これはそれを日本語と英語で学ぶための教科書。悲しい悲しい物語ですが、チャーリーの言語力向上を英語で実感できますよ。
H

↑この本が出版されたばかりの頃は内容はタブーとされていたこと。この本の出版と共にコンサルタントという職業が本当のことが言えるようになったと、俺は思っています。
H

↑犬が出てくる小説では、間違いなくピカイチ。犬を飼っていない人間でも、泣きますよ。
H

↑グリムウッドの最高傑作。ただただ感動。アメリカのドラマ、ヒーローズなんかは、絶対これを参考にしていますね。
天地真理郎(あまちまりお)ウェブサイト一覧(50音順)
GUIDE OF TOKYO "WELCOME TO TOKYO OLYMPIC 2020"

天地真理郎(あまちまりお)の「50歳からのカッコいい男の生き方!- My way of cool life from 50 years old.」

天地真理郎(あまちまりお)の「50歳の誕生日から77歳までの10,000日で50,000,000円貯蓄の記録 - Record of 50,000,000 yen storage for 10,000 days.」

天地真理郎(あまちまりお)のFacebook

天地真理郎(あまちまりお)のInstagram

天地真理郎(あまちまりお)の「SM用語辞典」

天地真理郎(あまちまりお)の「REAL TATTOO × FAKE TATTOO=リアルタトゥー×フェイクタトゥー」

天地真理郎(あまちまりお)のTwitter

天地真理郎(あまちまりお)のTwitter(ツイッター)相互フォローアカウントまとめ!

天地真理郎(あまちまりお)の「愛すべき碌でもない世界の、素晴らしい人生の暮らし方。」

天地真理郎(あまちまりお)の"あっ"という間の包茎手術は20歳未満に治しなさい!

天地真理郎(あまちまりお)の「あなたの主催するセミナーやコーチングを成功へと導く『神のセミナー*悪魔のセミナー』」

天地真理郎(あまちまりお)の『アフィリエイターのための「アダルトサイト」バナー集』

天地真理郎(あまちまりお)の「イラストレーションの些細なお仕事お待ちしておりますっ!」

天地真理郎(あまちまりお)の「美味いも不味いも、喰わずに死ねるかっ!- I can't die, before eating a delicious foods.」

天地真理郎(あまちまりお)の「美味いも不味いも、喰わずに死ねるかっ!- I can't die, before eating a delicious foods.」(食べログリンク中)

天地真理郎(あまちまりお)の「映画・ドラマ見放題比較サイト研究所」

天地真理郎(あまちまりお)の『押忍!超初心者のための国際空手道連盟「極真会館」壮年部入門』

天地真理郎(あまちまりお)の『押忍!超初心者のための国際空手道連盟「極真会館」壮年部入門・過去の稽古日記』

天地真理郎(あまちまりお)の「男捲(おとこめくり)365日」

天地真理郎(あまちまりお)の絵画展・Mario Amachi Painting Exhibition

天地真理郎(あまちまりお)の「きれいになって大好きな彼を振り向かせるダイエット108の方法!」

天地真理郎(あまちまりお)の「ギャランティーク和恵って、いいねっ!」

天地真理郎(あまちまりお)の「激安【ねこ砂・ネコ砂・猫砂】ランキング」

天地真理郎(あまちまりお)の「激安【ペットシーツ】ランキング」

天地真理郎(あまちまりお)の「子供たちに夢の世界を・・・A dream world for children」

天地真理郎(あまちまりお)の「このアフィリエイトでキャッシュをテーブルに置け!- Cash can be put on a table by an affiliate.」

天地真理郎(あまちまりお)の「このろくでもない素晴らしき世界で、心動かさずに死ねるかっ!- I can't die, before impressing in this worthless wonderful world.」

天地真理郎(あまちまりお)の「ゴルフ上達法72の秘密」

天地真理郎(あまちまりお)の【実話SM小説】M女のためのコミュニティー「囚われの姫君」

天地真理郎(あまちまりお)の「世界中の人々と、喋らずに死ねるかっ!- I can't die, before talking with people in the world.」

天地真理郎(あまちまりお)の「絶対秘密厳守であなたの心を癒すカウンセラー」

天地真理郎(あまちまりお)の「葬儀とお墓のエトセトラ」

天地真理郎(あまちまりお)の「そのバイク、修理しているんですかぁ?」「ホンダ・スーパーカブC65」と生きて行く

天地真理郎(あまちまりお)の「誰も教えてくれない、超初心者だからこそ成功するFXの法則。- Method of FX which is successful because a beginner.」

天地真理郎(あまちまりお)の「天才!イチロー名言・動画集」

天地真理郎(あまちまりお)の「デニーズ賄いメシ」

天地真理郎(あまちまりお)の「東京チョイ乗りSR400」

天地真理郎(あまちまりお)の「東京一人暮らし生活カレンダー・TOKYO LIFE(トキオライフ)」

天地真理郎(あまちまりお)の「鳥取県動物病院ガイドブック」

天地真理郎(あまちまりお)の「富山県動物病院ガイドブック」

天地真理郎(あまちまりお)の「日本全国動物病院ガイドブック」

天地真理郎(あまちまりお)の【猫専門】自由が丘ペットシッター・東京都目黒区

天地真理郎(あまちまりお)の【猫専門】自由が丘ペットシッター・東京都目黒区のFacebook

天地真理郎(あまちまりお)の「病院に行っても治らない時に見る」代替療法(民間療法)紹介

天地真理郎(あまちまりお)の「福井県動物病院ガイドブック」

天地真理郎(あまちまりお)の「覆面調査"Customer Bureau of Investigation"」

天地真理郎(あまちまりお)の「ふなっしー動画集 - Fun@Tube!」

天地真理郎(あまちまりお)の「ペットグッズ・セレクトショップ」

天地真理郎(あまちまりお)の「メイドの土産」

天地真理郎(あまちまりお)の「もうすぐ億万長者」!!!

天地真理郎(あまちまりお)の・・・「洋楽・和訳・男唄」

天地真理郎(あまちまりお)の「ロックンロールを、聴かずに死ねるかっ!- I can't die, before listening Rock'n'Roll.」

天地真理郎(あまちまりお)の・・・『わらしべ億万長者』
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。